JACET中部支部紀要投稿規程

 

 

 

01.

本紀要は、和文名称を『JACET中部支部紀要』、英文名称を The JACET Chubu Journalとする。刊行は年1回とし、12月に発行する。

 

02.

本紀要は英語および英語教育に関連した、未発表の研究論文、実践報告、研究ノート、書評を掲載する。ただし、口頭発表されたものでもその旨が記載されていれば審査対象になる。

 

03

本紀要に投稿できる資格は次のとおりである。

(1)JACET中部支部の会員であること。

(2)支部会員と共同執筆する他支部の会員であること(ただし、筆頭執筆者は中部支部会員)。

(3)上記以外で、編集委員会が特に委嘱した場合。

 

04.

本紀要での使用言語は日本語または英語とする。

 

05.

初回原稿(MS Word)と申込書(ここからダウンロード)は電子メール添付にて提出し、最終原稿は電子メールにて原稿を送付(添付)すると同時に、印刷された原稿1部を郵送する。初回原稿には著者名を記さないこと。

 
06.

書式の詳細は次のとおりである

(詳細を記した「執筆サンプル・テンプレート」をダウンロードして利用して下さい

 

(1)

 PCおよびソフト:Windows対応Wordを使用。

(2)

 用紙:A4 横書き

(3)

 フォント:和文は「MS明朝」、英文は「Century」を使用

(4)

 ポイント:10.5ポイント

(5)

 書式設定:和文は1行に39字、英文は1行80字とし、1ページ35行。

(6)

 タイトル、氏名等: 本文には論文タイトルのみで、氏名、所属、謝辞等は記入しない。

(7)

 注・参考文献:参考文献書式は、基本的にAPA(American Psychological Association)第6版に準ずる(書式例参照)。注は本文末に、参考文献は注の後につける。

書式例

Bachman, L. F., & Palmer, A. S. (1996). Language testing in practice. Oxford: Oxford University Press.

白畑知彦・村野井仁・若林茂則(2010)『詳説第二言語習得研究』研究社.

田中春美 (2014)「3 つのLKVE (The Lesser-Known Varieties of English)ついて」 塩澤正・榎木薗鉄也・倉橋洋子・小宮富子・下内充(編)『現代社会と英語―英語の多様性を見つめて』(pp.80-92). 金星堂.

(8)

 アブストラクト:日本語原稿には英語によるアブストラクトを、英語原稿には日本語のアブストラクトを、本文のタイトルの後ろに置く。分量は16行以内とする。

(9)

 キーワード:日本語と英語によるキーワードをアブストラクトの次に、5語以内で記入する。

07.

原稿の分量に関して、研究論文は23ページ以内、実践報告は15ページ以内、研究ノートは15ページ以内、書評は5ページ以内とする。

 

08.

編集委員会は投稿論文等の査読をおこない、掲載の諾否を決定する。

 

09.

投稿の締め切りは毎年9月10日とする。

 

10.

掲載を承諾された筆者は刷上がり1ページに付き1,000円の割合で掲載料を支払う。

 

11.

投稿に関連した問い合わせ、ならびに初回原稿送付先はJACET中部支部事務局(佐藤:t-sato@nufs.ac.jp)とする。